インターネット&SEO対策の情報サイト!

インターネット&SEOシステム タイトル

セキュリティソフトについて

インターネットから感染するウイルス、高いお金で買った大切なパソコンをたかだかワンクリックで使い物にならなくする最低のコンピュータウイルス。
皆さんのパソコンの「セキュリティ対策」は万全ですか?
ここ最近、長期休暇の前後などに大規模なウイルス感染が発生する傾向があり、特に連休明けの対策不足によるウイルス被害の拡大は、是が非でも回避しなければなりませんね。
もちろん、普段からのパソコンのセキュリティ対策を万全なものにし、いつ発生するか分からないコンピュータウイルスに備えておくのも大切なことです。
一度ウイルスに感染して急いでセキュリティソフトを入れると度合いによっては修正してくれる事もありますが、やはり前もっての対策こそがウイルスからパソコンを守る大切な事だと思います。
インターネットを利用するならセキュリティソフトも必ず導入しましょう、このページではセキュリティソフトについて解説していきます。

ウィルスなどからパソコンや個人情報を守るには

2000年問題など一時のようにテレビで多くのコンピュータウイルスの報道が流されることはなくなったものの、コンピュータウイルスによる被害は決して消えたわけではありません。
今こうしている間にも新しいコンピュータウイルスはどんどん生まれています
さらに最近の傾向は、パソコンからこっそり情報を抜き出して悪用するスパイウェアもウイルス同様、広く知られるようになりました。
一方では、個人情報保護法の施行とともに、データ管理の問題もクローズアップされてきています。
そこでいま、私たちパソコンユーザー自身にできるセキュリティ対策について、もう一度じっくり考えてみたいと思います。

最も危険な個人情報を守る

ひと口に「セキュリティ対策」といっても、その内容はさまざまです。
ここでは、対策すべきポイントを次の11項目で分類しています。

1:コンピュータすべての分野にわたる総合的なセキュリティ対策
2:コンピュータウィルスの駆除
3:インターネット不正アクセスからの保護
4:スパム・迷惑メール対策
5:IDパスワードを安全に管理する
6:感染したスパイウェアの駆除
7:個人の重要なファイルを保護する
8:インターネット上の有害情報から身を守る
9:自分のパソコンそのものを他人に使われないようにする
10:使用済み、不要なデータを完全に破棄して情報漏れを防ぐ
11:個人情報をロックを掛けるなり保護する

なかでも、いま対策として最も求められているのが「2:コンピュータウイルス駆除」と「6:スパイウェアの駆除」です。
この二つは知らずに勝手にやって来て、いつの間にかパソコンに侵入してしまうことがほとんどで、単に「ユーザが気をつけていればすむ」という問題ではありません。

一度でもパソコンがウイルスに冒されると、そこを感染源にしてさらに感染が広がり、結果的に自分が加害者になってしまう可能性もあります。
スパイウェアの場合は、インターネットの不正アクセスを手引きする役割を果たしたり、個人情報を漏らしたりなど、上記の他の項目とも密接に関わっていることが多いです。
今、 この二つのセキュリティ対策は急務といえます。

CopyRight 2008 インターネット&SEOシステム all right